小笠原流流鏑馬(旧豊前小倉藩 相傳)

小笠原流流鏑馬 宗家 源 長統

小笠原流 流鏑馬
山梨・南アルプス市 小笠原にて

流鏑馬馬場

小笠原流 流鏑馬

流鏑馬奉納は、約250mの馬場にて行われます。
馬場には、出発地点の馬場元から到着地点の馬場末までの間に3ヶ所の的があります。

馬場元から35m地点に一ノ的、
それから90m先の地点に二ノ的、
さらに90m先の地点に三ノ的があります。

射手(いて)は、疾走する馬上から矢を射ます。

流鏑馬のかけ声

小笠原流 流鏑馬

射手は、矢を射る時に『インニョーイ』のかけ声と共に矢を放ちます。
このかけ声は、弓術と馬術の『静と動』を『陰と陽』で表現しています。

古代中国の『陰陽道』に基づきイン(陰)とヨウ(陽)を射ることで『世の中を手中に収める』ことを意味するものです。



■疾走する馬

流鏑馬 馬場