流鏑馬 矢番え


矢番えとは、矢を弦にかける動作です。

流鏑馬は、250mの馬場に設けられた3ヶ所の的を射ます。
馬場元(出発地点)から35m地点に一ノ的。
それから90m先地点に二ノ的。
さらに90m先地点に三ノ的があります。

射手は、矢を射った後、90m先の的までに疾走する馬上で『矢番え』をします。

次の写真は、二ノ的から三の的まで約90mにおける射手の所作のコマ撮りです。

その1 二の的 



その2 


その3 


その4 


その5 


その6 


その7 


その8 


その9 


その10 


その11 三の的 


その12